自己愛性人格障害者の友人関係

自己愛性人格障害者は、

他者に対して共感は出来ないのですが、

「共感しているフリ」は非常に得意です。

ですから、

それがただのフリだと見抜かれることは

非常に少ないといえます。

 

ターゲットであれば

自己愛性人格障害者が事実と違うことを

よく言っていたり、

共感しているフリをしている割には

まったく違う行動をしていたりするので、

結果的に嫌でも気づかざるを得ないのですが、

友人という距離になると

なかなかその「フリ」に気がつきません。

しかし距離が近くなればなるほど、

自己愛性人格障害者にとってのターゲットと

同じで他人に自分を投影させますから、

「親友」という立場くらいに近くなった

人間に対して、

ターゲットと同じような仕打ちをしがちなのも

自己愛性人格障害者の特徴ですから、

親友と呼べるほどの関係が気づきにくい、

あるいは親友が出来てもその親友と

決別しやすいという特性があります。

自己愛性人格障害者の周りの人間も

責任転嫁をされたり

やたらとマウンティングされるので

不愉快に感じやすいためですが、

自己愛性人格障害者自身もまた

いくら鬱憤を晴らそうとしても、

いつまでも不満を持ちやすいからでもあります。

 

いくら相手に対して不満をぶちまけても、

その不満が解消することはないのです。

もちろん相手よりも自分が

優位に立つためですから、

いくら不満を述べたところで

それはストレス発散のためや

この先の関係を気づくための

建設的な論争にはなりません。

どれだけ話を聞いても、

どれだけ自己愛性人格障害者の言うとおりに

したとしても、譲ったとしても、

自己愛性人格障害者は不満を持ち続けますし

新しい不満を生んでゆくのです。

 

 

特に自己愛性人格障害者は

友人の不満をターゲットにぶちまけたり、

友人の評価をグループ内で操作するような

マネをしたり(大体は評価を下げるような

操作をしたり)します。

また、

特に勝手にライバル意識を無意識的に

持ちやすいので、

職場の自慢をしたり仕事内容の自慢をしたり、

苦労話が増えたり・・・といったことも

よくあるでしょう。

 

その割に、他人の苦労話や長所、偉業などは

とにかく過小評価し、それよりも自分の話に

戻すような癖があります。

自分の話はよくするくせに、

他人の話はまるで聞いていない、

距離が近くなるうちにどんどん興味さえ

まったくないような様子さえ見せます。

最初は丁寧に人の話を聞いていたように感じるのに、

親友という距離感になるにつれ、

人の話を聞かないどころか

必ず自分の話に戻すようになり、

冗談でも言ってはいけないことや

人を蔑むような発言を繰り返したりします。

それを、

「冗談っぽく」「馬鹿にしたように」

言うのが自己愛性人格障害の

友人に対する係わり合いの特徴です。

まるで冗談にもなっていないような

冗談をいい、

人を馬鹿にしたりします。

 

それで相手が怒れば、

「冗談も通じないやつ」に出来るからです。

ですから、言われた相手は問題にさえ

しにくいのです。

ですから自己愛性人格障害者の周りの

友人は、

自己愛性人格障害者には何を言っても無駄だと

考え、自然と距離をとっていく場合が多いのです。